人気ブログランキング |

カテゴリ:日々の思考( 15 )




節分

e0361278_15345129.jpg

がおーーーー!!
e0361278_15345135.jpg

豆まきは時間がなくて出来ませんでしたが、鬼のお面はかぶって遊んだよーー。

e0361278_15345238.jpg

こんな元気な感じの息子でしたが、今朝も
「保育園行かないよーー!」

「◯◯保育園(新しい認定保育園)行くよーーー!!!」

と泣き叫びながら登園でした…>_<…
脱走しそうになることもあるみたいで…>_<…

前からも時々嫌がって泣いてたけど、今年になってから急にひどくなったので、何故かなと思っていたのですが…

原因が分かりました。


午前中だけ居た、息子の大好きな先生お二人が、今年に入ってから見なくなったのです。
多分お辞めになったのかな??と。

朝は既存のリーダーの先生一人で見ている状態。
園児の数は減っていない様子なのに…。

息子には、新しい保育園は4月からだから、それまで今の保育園でおトイレとか練習しなくちゃなんだよ、と伝えたけど、まあ…無理な話だよね。


何とか一緒に乗り切って、新しい春を迎えたいです。



by chochoshirenko | 2015-02-03 08:32 | 日々の思考 | Comments(0)

5年

e0361278_15291534.jpg

2009年にこのブログを始めてから、今日で5年が経ちました。

こんなに続くとは思っていなかった…
と言うよりも、続けることを意識せず、生活の中の一つの作業になっていて、気がついたら月日が経っていたような気がします。

お休みしてしまうこともあったけれど、続いている事を嬉しく思っています。

e0361278_15291534.jpg

結婚して一年経った頃に、激務だった以前の職場を退職して、転職活動しつつ、初めての専業主婦を始めて三ヶ月くらい経った頃。

もっとノンビリすれば、と周りから言われつつも落ち着かず、すぐに職を探しを始めたけれど、リーマンショック後の就職難で、バイトすら決まらないと言う時期で。

心のバランスを取りたくて、何となく始めたのがこのブログ。

あれから、良くも悪くも、本当にびっくりするような事ばかり起きているのですが、それでも何とか、こんな風にツラツラと取り留めもなく言葉を連ねる時間があるのは、有り難いことなのかな、と思います。

e0361278_15291676.jpg

いつも読んでくれているお友達数人と、ブログを通して出会えた素敵な方、あとは夫…と、読者は少ないかと思いますが、いつも私のたわいない独り言にお付き合い頂いてありがとうございます。

独り言って、誰に向けたわけでもない個人の勝手な発言だけれども、聴いてくれる人がいると、何だか安心するものなのかもしれませんね。


e0361278_15291668.jpg

本当は、音楽のことを沢山書くブログにするつもりで始めたのだけれど、結局は日記だったり、記録だったり。

今は半分、育児日記と化していますが(笑)、これからもその時々の気分が反映された感じのブログを続けていくんだろうなあと思います。


これからも、そんな気ままな私のブログですが、どうぞよろしくお願いします。


コキュー ラムキ



by chochoshirenko | 2014-11-04 16:51 | 日々の思考 | Comments(0)

心の整理  (恐らく不快を感じさせる記事なのでスルーして下さいね)

息子が自分で食事やおやつを一切食べないこと。
悩んでいることのひとつです。

でも、できないことは「悪いこと」なのでしょうか・・・。



さっき、実家に行っていました。
秋田に行ったときの香典返しやらお土産があるから取りに来てと言われ。



お昼は実家で食べると、いつもお腹を壊したりするので遠慮したかったのですが、流れ的に無理そうで・・・(そもそも、ここで流される自分が悪かったんだな)

で、その食事の席で、息子が自分で食べないことを、それじゃー駄目だとまた言われたわけです。

保育師さんから、「どうしても自分で食べさせたいのならば、食べなければ食事を下げるという事を続けるしかない」、と言われたけれど、「まだそこまでしたくない」事を話しました。
まだ、その必要にせまられていないしと。

そしたら、「なんだ、根負けしてるんだ。」と両親から言われ。


いや、でも幼稚園にあがる前とかならさすがにだけど、まだだと思うし、と言っていたら

「それじゃ遅すぎる」と言われ。


で、ご飯中、息子がバナナを食べたがるけれど、「ご飯全部食べてからだよ」と言い聞かせながら何とか全部食べさせ、やっとバナナをあげたところ・・・。

「そのまま何もしないで放っておけ。やるから駄目なんだ。」

と言われ。

もちろん、息子、泣く。
泣いて、私にバナナを渡したり、スプーンフォークで頭をゴンゴンしたり。

で、「泣いたって駄目なものは駄目だ」と父は言って。

で、息子号泣。
床で仰向けでイヤイヤ。


「それは我がままだな!」と言われ・・・。


でも、何とか私は我慢。

だけど、母が幼児プレートを何故か持ってきたので、その上にバナナを一口大に切った物を載せようとしたら、

「そんなことするから駄目なんだ」と父。


プッチーーーーーン!!!!!
頭、パニックになり、

「お母さんが持ってきたから載せただけじゃん!!!!」と叫び(だぶん叫んだと思う・・)

「もういいです、帰ります。もう二度と来ません。」

とその場を立ち去りました。


荷物片手についてくる母が

「そんな事で爆発してたら・・・お母さんたちなんてもっと大変で泣いたりしてやってきたんだから。」
「お母さんなんて、隣の姉さんに色々ひどいこと言われてきて大変だったんだから。」

と。

もう、そんなあなたの苦労話なんて、毎回しないで下さい。
「結局自分の話を聞いて欲しいだけじゃない」と言ったら
「そうだよ!」と。

もう、駄目ね。

ほんとに疲れます。


今、これを書きながら、心は落ち着いてきていますが。さっきまで涙が止まりませんでした。



バナナの下りで、「親はそうやって教えていくもんなんだ」と言われました。

やり方によっては正解かもしれません。
確かに、私のやり方も下手なのかもしれません。


でも、私は、母の異常な無理矢理や、自分の事しか話さないことや、できないこと=駄目な事、死んでしまえ、生きている資格がないとまで言われてきたこと(もういいや、正直に書きます、びっくりしないで下さいね)、お箸を上手に持てないというような事だけで蹴られ、殴られ、死ねと毎日、何べんも言われてきたこと。
学校でいじめられても、苦しいことがあっても味方になってくれず、私が悪いと言われ、すばらしい結果を残した時は褒めてもくれず、最終的には、これまでかかってきた学費やらを返せと言われたこと。(私のみ。)
お前がいるから金がかかるんだ、お前は甘えないからかわいくない・・・・、こんなこと、幼い子供に言うか?普通!ってことを平気で言われてきたこと。


「親はそうやって教えていくもんだ」
その言葉で、それらを思い出したのです。
そして、ああ、父は結局、あんなひどいことする自分の嫁を容認してきたのだと分かったのです。
そして、プッチーン!
切れました。


ごめんなさい。

読んじゃった方。

嫌な気持ちになるかもしれません。

でも、もう、こういうの、ここで書いて吐き出さないとやってけないもんで。



私は、あんな風に無理矢理、突然、息子の育て方を捻じ曲げられるようなことはされたくないので、今まで両親になるべく頼らずにきました。
息子にも、同じようなことされたくないし、自分もしたくないですし。

近所ですが、産後も頼らず、その後も頼らないようにしてきたけど、ああそっか、3回だけ、私が病院に行く時に、少し息子を見てもらったんだ。
ああそっか、それがいけなかったんだ。

でも、あの人たちは、何か困ったことがあるとすぐに私に当たり前のようにさせます。
他にも兄弟がいるのに。
女は私だけだから当然だと思っているらしいです。
もう結婚しているし、若い頃にとっくに家も出ているのに「お父さんがお昼に帰ってくるから、ご飯作っといてよ」と言われたこともあったな。


先日の祖母の葬儀で家を空けるときも、花の水遣りは当然のように私に頼んできたのは致し方ないが、洗濯までしといて、と言われたときは、もう呆れました。

弟夫婦は両親に頼ってばかりだったので
「そういう時は今度はあっちに頼んでよ!あの人達は、散々世話になってるんだから。」と言ったら、
「あんただって、お母さんがおむつかえたりしてきて世話したんだから・・・」云々。
はあ???
あんたらの子供だし、弟も兄も、同じだし。何で私だけ「世話してもらった」かのように言われるの?
と思います。
次何かあったら、絶対に断わろう。

子供の件も、娘の子だと言いたい放題になるらしく、特に父が本当に最近口出しますし、
甘ったれだの、わがままだの言われて、頭にきます。
息子が嫌がることも、無理にさせようとするし。



しかし・・・・。
こんなことで腹を立てる私が、一番小さい人間で駄目なのかもしれません。
だって、人は変わらないもの。
もう疲れたな。



両親、特に母親と仲が良い方は、本当に羨ましいです。
私は母のことを「母」と、未だに思えないのです。
ひどい人間だと思われるかもしれませんが。
でも、そういう人もいるんです。
理解されないと言うか・・・・理解できない人は、幸せだと思って良いですよ。
もちろん、自分が世界一不幸だなんて、みじんも思いませんが・・・。


ああ、こういうこと、書いちゃった。
駄目だね、駄目だね。



こういう事は絶対に書きたくないって思っていました。

でも、書いちゃった。
消すこともできるけど、載せます。
自分の記録として。



あああ。

でもさ、息子の母親は私です。
その私が冷静になれずに、あんな風に切れて。
一番私が悪いよね。でもずっとあの場にいたら、お母さん、壊れてしまいそうだったんです。
ごめんね。


食事のことは、夫や、義母様に相談しながら、やっぱりゆっくりやっていきたいです。
自分で食べて欲しいとは思います。
でも、無理矢理、突然、ああいったやり方をするのは、やっぱり間違いだって今でも思います。
そう、あれは間違いだよ。

冷静になろう。
そうじゃなきゃ。





読んでしまった方、本当にごめんなさい。
またこういうこと、書いちゃうかもしれません。
なんせ、最近不安定なんで。
だから、ぱっと見、長そうな記事は・・・・読み飛ばしてくださいね。


でも、もし同じような事で悩んでいる方がいて、これを読んで、少し何かの励みになったり、共感したり、何かに気付いた方がいるなら・・・幸いです。
私も、色んなブログを見て、勝手に励まされたりしているので。
あ、でも、もちろん、幸せいっぱいなほうがとても楽しい気持ちになりますからね、こういうのは出来れば二度度書かないで済むようにしたいです。


以上、愚痴、本音、独り言でした。



by chochoshirenko | 2013-06-06 13:25 | 日々の思考 | Comments(0)

過去のコトバ

e0361278_14562042.jpg

夫たちのバンドで、「なにもない」という曲があって、夫が作詞とボーカルを担当している曲があります。
その中に
「なにもない ことはない」というフレーズがあるのですが・・・

昨晩、すごく久しぶりに、昔の私の何でもノートを見ていたら、同じフレーズが書いてあって、びっくり。
しかも、書いたのって10年以上前。

不思議~。
(意味合いは全く違うけどね)

せっかくなので、何でもノートの文章を載せておきます。
あと、他にも色々面白い文章があったので、載せときます。




e0361278_14562106.jpg

ある程度の空間が欲しくてここに来ているのに、壁を目の前にするのはとっても窮屈だ。

ドットの入ったノートにしてみたけれど、ああ、やっぱり白紙の方が自由でいいね。

「何も無い」というのは、ある時とても、苦しさを感じさせるけれど、やっぱり私は何も無いようなところにポツンと置かれるのが好きなのかなあと思う。

「何もない」ことはないにしても、スペースが欲しい。
限定された何かは、とても窮屈だ。

~当時推定24歳~

つまり、カフェで、いつものお気に入りの席に座れなかったのね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ウミネコ」が海底で目を光らせていた。

不思議な音楽と舞踏をパフォーマンスする男たちがいた。
クモを表現したり、不思議な糸で音楽を奏でていた。

体に障害を持つ優秀な学者がゲストに招かれていた。



スーパーでクランベリークッキーの試食を食べた、
相当美味しかった。


また難しい数学の文章問題が解けなかった。
でも、方程式を思い出せそうだった。
~当時推定24歳 夢の話~

なんちゅう夢だろうね。
あ、でもクッキーと数学の文章問題の部分は、うっすら覚えいます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リルケの「マルテの手帖」を読みながら、共感を強く感じることに、正直不安を抱いてしまう。

彼が賛美する孤独者は、結局のところ敗者としてしか私には映らないからだ。

孤独者は、自己の敗北から逃れるために、孤独を賛美しているのだろう。

それは、鈍感な大衆の賛美よりも、よっぽど性質が悪いのではと考えてしまう。
何故なら、大衆の賛美は気まぐれでしかないからだ。
いつでも忘れられる要素があるからだ。

孤独者の賛美は、死の直前まで続くほど頑固だ。

そして、死を目前にして、じこの美意識に騙されていたことに気が付いてしまう。

それでも孤独者は、それをひた隠す努力をして、ついにはそれを遂げてしまうだろう。

そんな悲しいことがあっていいのだろうか。
そして、それは本当の孤独ではないのではと思ってしまう。
孤独とは、自分の存在を誤魔化してはいけないはずだ。

~当時推定26歳~

時々、熱い人間なんです、私。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

旅の支度の確認をしているような、そんな気分を過ごしている。

まだ、すべては整っていないけれど、私はいよいよ何年後かに何かをスタートさせる気がしている。

たぶん、人生の分岐点のような。
~当時28歳~

その予感、当たってたよ。

けっこう、こういう予感が当たることが多いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
仕事に没頭していく中で、色々な人とのずれと言うものを感じるけれど、そのずれの背景を辿れば良いのだと思った。

また、ミスを問いただすのではなく、ミスが起きないように、ミスを起こす原因を突き止めて、その原因となる部分をしっかり伝えなくてはいけないのだと気が付いた。

最近は現場に出る機会が少なく、とても窮屈な気分を味わっていたので、そろそろ売り場に行って、何がかけていて、何が伸ばせるかを見極めたいと思った。
~当時28歳~

おお、まじめじゃん、私!
頑張ってる!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨日、ギフトショーを見に行って気が付いたこと。

どんなにすばらしい機能があっても、説明がやたらと必要な段階では、まだ未完成なのでは?ということ。

分かりづらいものより、手に取りやすく簡素であるほうがいい。

発想は分かりやすいものへと表現しなくてはいけない。

シンプルなものは、シルエットが大事。
思わず手に取りたくなるシルエットが大事。
~当時28歳~
なるほどね~。

当時の仕事に生かしたくて、色々一生懸命見てたのかな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
春が近づくにつれて、自然と体が軽くなる。

色々なものへの興味が沸いてきて、心が軽くなる。

ひと時のコーヒーや、掃除された部屋、日光の明るさからくる洋服の鮮やかな発色とか、そんなささやかな場面が幸せを運んでくるような気がしてくる。

誰かにそっと手紙を出したくなるような、そんな心のゆとりがふと沸いてくるこの季節がまためぐって来た事が、とても嬉しく思えたりする。
~当時28歳~

冬が苦手だからね。
春が来ると、本当に嬉しくなりますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スティービー・ワンダーの軽快なメロディーが、今、耳に届いている。
人生はそういうものであるかのように、聞こえてくる。

だけれど、その裏には、たくさんの苦悩があったりする。

だけれど、目に映るもの、耳に届くものは、そういうものであって欲しい。
上手くいえないけど、そういう人でいたい。
~当時29歳~

なるほどー。
そうだね、そんな大きな器のある人間になりたいですね。





以上です!!!

読んでくださった方、お付き合いありがとうございます~。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



by chochoshirenko | 2013-04-18 13:19 | 日々の思考 | Comments(0)

4月  これからの事

e0361278_14542926.jpg

4月。

新しい年度の始まりですね。


4月から、働いている予定でした。

でも、もう少し息子と一緒に過ごす事にしました。

保育園は、4月入園を申し込んでいたのですが・・・・落ちました。


前の派遣先からお誘いもあったにはあったのですが・・・、週5は厳しいなと思ったり。
でも、本音は、もう少し息子といたかった。

なので、夫に相談したら、
「もう少しおうちにいたら?」と。


私が働かないと!と息巻いて話していた時も、
「そんなに働かないと、駄目?」と言っていた夫。

私と同じ気持ちだったみたいで、もう少し息子といて欲しいと思っていたようでした。



e0361278_14543058.jpg

今までずーっと働いていたし、転職する時に一度、4ヶ月ほど専業主婦だった事がありましたが、その時の不安感は今でも覚えていて。

けっこう働きマンだった私なので、こういう選択をするとは思ってもみませんでした。



e0361278_14543151.jpg

結婚してから、そして子供を産んでから・・・どんどん穏やかな方へと向かう自分がいます。

一人の時は、進んで荒波に向かって行くような生き方だったのです。


感謝しないといけないですね。



e0361278_14543116.jpg

でも、少しずつ働きやすそうな職場を探してく予定です。
うまく見つかるかわからないし、いつ見つかるかわからないけれど。


去年の一年間の目標は「考えすぎないこと」でした。

そして、今年は・・・
「今後のことを考えること」にしています。

「考えない」から「考える」へ。
何だかあべこべなようで、自然な流れでもあるようで・・・。
きっとそうする必要があるってことなんだな。



息子とべったりでいれるのも、つかの間かもしれない。

この貴重な時間を、大事に大事にしていかないと、と思っています。



by chochoshirenko | 2013-04-01 21:17 | 日々の思考 | Comments(0)

2年

e0361278_14512075.jpg

東日本大震災から早2年。

あの日のことは、今日に限らず、よく思い出します。

私の住む地域は、あっという間に普通の生活に戻れたけれど、今もまだ大変な思いで暮らしていらっしゃる方が多いと思います。

でも、きっと前には進んでいるのではと思うのです。



あの日のことは、忘れるのではなく、ちゃんと子供に伝えていけたらと思います。

災害を避けることは難しいけれど、体験した事で得た教訓を伝えることで、ひとつでも多くの命を保つことに繋がるのでは・・・と思います。


2年経ったとはいえ、まだまだ課題が山積みな我が国。
自分にできる事はほとんど無いかもしれないけれど・・・

当たり前の生活が送れることがどれだけすばらしいかと言うことを、しっかりと認識し、感謝していきたいなと思います。



by chochoshirenko | 2013-03-11 15:52 | 日々の思考 | Comments(0)

素潜り中

e0361278_14213041.jpg

泳いでます。



e0361278_14213159.jpg

ぐんぐん潜って、何が獲れるかしら~?



by chochoshirenko | 2012-03-16 15:29 | 日々の思考 | Comments(0)

3.11

e0361278_14211428.jpg


















あの日から1年。

日本中の人々が、そして世界の多くの人達が、様々な想いをいつも以上にめぐらしている事と思います。





私は大きな影響を受けることなく日々の暮らしを送れているけれど、今尚これまでの生活を取り戻せずに暮らしている方々を想うと・・・・
言葉では上手く言えないけれど、いつも以上に様々なことに感謝したり、大切に感じたりする気持ちが大きくなっています。



1年前息子はまだお腹の中にいたし、今だって今日がどんな日かぜんぜん理解できない赤子だけど、いつか言葉が解るようになり、心を通じ合わせる会話ができるようになったら、ちゃんと話してあげたいと思っています。




そして・・・

大きな被害に合われた方々、大切な人を亡くされた方々には、少しずつ、少しずつ、心身のご健康と暖かな日常を取り戻すことができますよう、心よりお祈り申し上げます。



by chochoshirenko | 2012-03-11 10:26 | 日々の思考 | Comments(0)

ついつい・・・

e0361278_14204258.jpg

小春日和だった昨日。

家にいるのはもったいない!と思って、ちょっとだけお出かけしました。



e0361278_14204333.jpg

時々行く雑貨屋さんで・・・。

¥200也。

この間、ゴム買ったばっかりなのにねえ、ついつい・・・。



e0361278_14204425.jpg

とっても素敵なお皿、¥1200也。

一目惚れしちゃって、ついつい・・・。
だって、5000円位するかと思ったらこのお値段だったのでー。

あと箸置き、1個¥150也。
帰ってから気付いた、3個買うべきだったと・・・。
また今度買い足そうかな。



e0361278_14204491.jpg

お皿と箸置き、今日の朝食で早速使ってみました。

いい気分♪



by chochoshirenko | 2012-02-25 16:18 | 日々の思考 | Comments(0)

色んな手

e0361278_14184105.jpg

何すか? 
その手。



e0361278_14184274.jpg

ああ、悩ましげ。



e0361278_14184291.jpg

ああら。





昨日から、自分の手を見つめるようになった息子。
そろそろ指しゃぶりもするようになるのかな・・・?



by chochoshirenko | 2012-01-08 14:33 | 日々の思考 | Comments(0)

音楽的乗車を夢見るコキュー・ラムキの日記です
by コキュー・ラムキ

最新の記事

最近のお気に入り
at 2019-06-13 11:40
またまたソック
at 2019-04-16 21:19
最近の美味しかったものあれこれ
at 2019-04-16 17:13

以前の記事

2019年 06月
2019年 04月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

最新のコメント

onsixさん> こに..
by chochoshirenko at 12:45
こんばんは! 初めてコ..
by onsix at 22:42
nam様 はじめまし..
by コキューラムキ at 20:47
先日のはにわ祭写真コンク..
by nam at 13:17
キャリさん☆ わーい!コ..
by コキュー ラムキ at 07:41
すごくキレイですね☆ 先..
by キャリ☆ at 20:53
そらまめさーん! わー、..
by コキュー ラムキ at 13:26
コキューさん、こんにちは..
by そらまめ at 11:01
やーん☆ キャリさん☆ ..
by コキュー ラムキ at 13:11
ラムキさん、ステキー☆ ..
by キャリ☆ at 12:51

ブログジャンル

メモ帳

ライフログ

検索

最新のトラックバック

ブログパーツ

外部リンク

ファン