雑記

e0361278_15400401.jpg

珍しく、息子が昼寝をしています。
こんなの、一年に一回あるか、ないか!!

散々と、また悪態をついたのち、ふてくされて、その後寝ました。

まあ…疲れてもいるのかな??

荒くれ者の息子で大変ですが、昨日、一昨日平和だったな…。
一昨日は、目的だったクロール10mを達成!!

去年の夏前までは、水に顔も付けられなかったのに!!

お母さんコーチ、嬉しいです。

なかなか10m泳ぎきれなくて、その度に泣いちゃったけど、
休んでいいんだよ?
と言っても、休まずに何度もチャレンジして、頑張っていました。
その姿、嬉しかった。

そういう瞬間を少しずつ増やせたらいいよなあと思います。

日々、ちょっとしたことで癇癪や悪態つかれるので、平常心を失う事が多々あるのですが、私がもうちょっと大らかになれたらなぁ…。。。と思ったりもします。

難しいです。

ふう。
息子が目覚めたら、どんなテンションなのか怖いですが…
外で少し遊ばせて、調整するか。

夏休みはあと二週間。
どうか平和に過ごせますように…。



e0361278_15400639.jpg

話は変わって、ソックの登場。

久々の、おさかなソックちぇー。

e0361278_15400704.jpg

おさかなさん、洗濯機の下にあったって。

買ってすぐ無くなっちゃったのだけど、最近夫が発掘しました。

よかったねー。
e0361278_15400828.jpg

e0361278_15400922.jpg

あー、かわいい。

e0361278_15495775.jpg

e0361278_15495857.jpg

e0361278_15495989.jpg

e0361278_15500068.jpg

e0361278_15500182.jpg

ポッチャリ確定のソック。

なんと、体重6.6kg!!

病院の先生にキツく注意されるかな、と思いましたが、

まあ、太ってるというか、やっぱり元々大きめの猫ちゃんなのかな。

と言っていました。

でも、このまま増えるのはNGなので、餌の量を10g減らす事になりました。


でもねー。。。

減らしたら、すんごい餌を催促するようになっちゃって…。

なので、餌の全体量は変えずに、ダイエットフードの分量だけは増やす事にしました。

そして、あまりにも欲しがる時は、いつも通りササミスープたっぷりにササミを入れて与える事にしてみました。

そしたら、何となくシュッとしてきたような??

した……よね??

どうかしら。

ここ数日は、軽やかに走り回って飛び回っております。

ポッチャリさんだけど、ぽちゃマッチョくらいならいいかな???


以上でーす。




# by chochoshirenko | 2018-08-17 15:39 | 日々の足跡 | Comments(0)

一人時間 ③

e0361278_14385450.jpg

谷中→上野コースでたくさん刺激を受けた後は、神保町に移動しまして、カフェで休憩をしました。

老舗の珈琲屋さんに行こうかと思いましたが、こちらのカフェが気になりまして、行ってみました。

e0361278_14385527.jpg

ジャズが流れる、ひっそりとした佇まいのカフェ。
歴史ある喫茶店が多い中、こちらのカフェは新しいお店のようです。

でもレトロな雰囲気が漂っていて、カフェと言うよりは喫茶店と言う方が似合うような、そんな渋めの感じ。

席に座ると、私のメニュー表がチャーリー パーカー♬ でした。
ちょっと嬉しくなっちゃいました。

レアチーズケーキとアイスコーヒーをオーナー。

コーヒーはすっきりとした飲み口で、チーズケーキはほんのり甘くて、とても美味しかったです。
おまけのクッキーも嬉しかった♬

e0361278_14385610.jpg

そうそう、ちなみにメニュー表の裏は、ビリー ホリディでしたー!


e0361278_14385768.jpg

お店の方が音楽をその都度セレクトして流しているようです。
私が入店した時は、中年の男性のお客さんが2名いらして、しっとしりとしたピアノが印象的な曲が流れていました。

そして、曲が終わると、今度はブラジリアンなテイストの、さわやかなジャズが流れてきました。

多分、私が夏っぽい派手な色合いの、民族衣装的な服装をしていたからかな、と密かに思いました。

お陰で、映画の明るいエンドロールを観ているかのような、そんな気分になれて、1日のおさらいをゆっくりとする事が出来ました。

そのあと、仕事を終えたキャリアウーマンな方が2名ほどいらしたら、少しトーンダウンした、落ち着いたジャズに戻りました。
とっても気が利いている!と思いました。

大きな古いスピーカーから流れてきていて、音がちょうどよい触りで、とても居心地が良かったです。


e0361278_14460536.jpg


そして…

カフェでゆっくりした後は、神保町のディスクユニオンに寄りまして、ジャズのレコードを漁ってきました。

まずは、これ。
ほぼジャケ買いに近いけど、アート ブレイキーじゃん!と思って、手に取ったレコード。

これ、大正解でした!!

A NIGHT IN TUNISIA
ART BLAKEY’S JAZZ MESSENGERS

いきなりアート ブレイキーのテンション高いドラムから飛び出してくる、ちょっとパーティーな雰囲気の一枚。

夕飯を作るときになどにも合いそうな感じ♬

e0361278_14453797.jpg

そうそう…
e0361278_14444226.jpg

実は、レコードプレーヤーの蓋を、ソックに破壊されました…。

ソックが窓枠に登った時に、窓枠に置いていた物が落下し、バリン……。。。


e0361278_14444329.jpg

でも、大丈夫。
夫がメーカーから取り寄せしてくれました。
2000円程かかりましたが…。

レコードプレーヤーの置き場所も変えておきました。
これで一安心。
e0361278_14432419.jpg

買ったレコードはもう一枚。

JAZZ AT THE PLAZA VOLUME II
DUKE ELLINGTON & HIS ORCHESTRA

デューク エリントンって、そう言えば聞いた事なかったよなー(JAZZは全く詳しくないので…)と手に取りました。

これはねー、うーーん。。。

なんか、リッチな方々の晩餐会みたいな、そんな雰囲気。
改めて私は、箱のライブ感の方が好きなのかなー?と思ったり。


いやいや、ビックバンドは嫌いではないですが、こなれ感が全体的に溢れていて、ちょっと私の中では、熱量が低かった。

いやいや、こなれ感はクールなジャズには必要不可欠ですが、これは…うん。商業的?と言うべきか? そう言った雰囲気があって、夢中になれるほどではなかったです。
(生意気言ってすいません。)
でも、後半のビリー ホリディの登場は素晴らしかった!!
全部彼女が持っていってる!と言っていいかも。

そして、安定のTAKE THE  “A” TRAINで終焉を迎える、卓越な演出感。

という事で、特にB面を聞くだけでも、買った価値があったと言えます。

ふー。


ユニオンでレコードを買って、家に着いたのはなんと21時半!!
こんな時間までゆっくり一人でお出かけを楽しんだのは何年もぶり???

ソックは、お利口さんでお留守番してくれていました。
自動給餌器に慣れてくれたので、安心して出掛けられるようになりました。

それでも、構って君のソック、帰宅後はめっちゃ甘えん坊さんでした。

たくさんソクトレ(猫じゃらし等で遊ぶ)しました。



e0361278_14432597.jpg

翌日はお天気が怪しかったし、暑いし、ちょい疲れていたので、1つ先の駅の図書館に本を借りに行っただけで、あとはゆっくり家で寛ぎました。

1つ先の駅近にあるベーグル屋さんでベーグルを買ってきて、一人ランチ。

e0361278_14432760.jpg

バジルのベーグルには、サラダをサンド。

e0361278_14463680.jpg


オレンジピールのベーグルには、チーズを…。

e0361278_14464165.jpg

ドリンクは、自家製ハーブコーディアルシロップのソーダー割り。
贅沢にベリー系のフルーツをIN!!

美味しかったーーー!!!


たっぷり楽しめた一人時間。
リフレッシュできた!!

けど、息子が帰ってきてから、また息子のことで色々あり、夫にとっても、めっちゃ疲れる大変なお盆休みになっちゃったかも。。。

家族で沢山話し合って、少し落ち着いたかもしれないけど、どうだろう。。。

せっかく一人時間をもらえたのに、気持ちを調整できずで申し訳ない気持ちになるけど、私一人では手に負えないので、夫にも協力してもらって、なんとかいい方向に迎えたらと思っています。


最後はなんだか変な感じになってしまいましたが…

以上でーす。

お付き合いありがとうございました!




# by chochoshirenko | 2018-08-17 14:37 | 日々のお出かけ | Comments(0)

一人時間 ②

e0361278_21170672.jpg

灼熱の谷中散歩の続き…

ふと見つけた紙と布のお店にて、こんな素敵なバンダナをゲット。

バスに乗らなくて良かったかもしれない。
たとえ汗まみれになろうとも…😂



e0361278_21170749.jpg

もう暑くて暑くて疲れてしまったし、何だか混んでいそうな雰囲気だったので、東京国立博物館はやっぱりやめようかと思いましたが…


本当に暑くて、さらに上野駅まで歩く元気はなくて、これはむしろ涼を取るためにも寄ろうと、決意しました。

本当は、混んでいる場所、やっぱり苦手なんだけどね…。

e0361278_21170820.jpg

目的は、特別展の「縄文 ー1万年の美の鼓動」。

古代の発掘品等は、様々な場所で目にしてきましたが、「縄文」っていうWordを見ると、やっぱり疼いちゃう。

それに、国立博物館は一度も入った事がなかったので、前から行きたかったのです。

東京国立博物館は、本館、平成館、東洋館、法隆寺宝物館、黒田記念館など、多数の建物に分かれていて、とっても広い!!

縄文の展示は、平成館で開催されていました。

展示会場に向かうと、想像以上の混み合い!

え? そんな、みんな土器とか好きなの?
古代好きってこんなにいたの??
と、びっくり!!
だって、普段は古代好きの人に出会うことはほぼ無いし、むしろ土器やら土偶やら、埴輪や古墳なんて話題を出したら、ドン引きされそう…と、常に思っていたので。

壁沿いの展示物は大行列で、ゆっくり全ての展示を見る事は不可能でした…。

ある程度端折りつつも、特徴的な土器や土偶は、じっくりと観てきました。

e0361278_21170977.jpg

e0361278_21404998.jpg

e0361278_21171117.jpg

e0361278_21183381.jpg

e0361278_21183415.jpg

縄文土器は、どこか不規則な印象を受ける紋様が多く、立体的な模様も多いです。

弥生土器にも紋様はありますが、弥生土器の場合、形状に均整が取れていて、そこに美を感じる気がします。
弥生土器は縄文土器に比べて、使用されている粘土の量も減っているので、軽量化にも成功しているし、より道具としての精度が高くなっています。

しかし、縄文土器は弥生土器に比べて、制作に多くの時間を割いていると見受けられます。
それは単純に、縄文時代の方が物創りのスキルが低かったのかもしれないけれど、それだけじゃない気がします。

私は、縄文時代は、制作する事そのものに、土器の制作という目的以外の意図が含まれていると思いました。
神聖な行為として…。

縄文時代は、ある程度気候が安定していた期間が長かった時代とのこと。
狩猟、採集の時代、人々にとっては自然との向き合いが主で、人同士の争い事は少なかったのでは?とも考えられます。

なので、土器の制作に時間を割く事が出来た。
よって、あの複雑な紋様を施した、素晴らしい土器を仕上げる事が出来たのではないかなと思います。

そして、あの複雑で抽象的な紋様は、ただ単に美を追求したのではなく、私は「言葉」に代るものなのではと思いました。

文字がなかった時代だからこそ、(海外から流れてきた事も推測されますが、集落を転々とする生活には浸透しなかったのではと考えます。)人の思いや、知識、願いなどを、あの紋様に込めたのではないかと思います
そして、「伝承」的な意味合いも兼ねて、親から子へと、その紋様を引き継ぎ、土器を通して語り継いだ可能性もないかしら?と思いました。

つまり、コミュニケーションツール的な役割も担っていたのでは、と思うのです。

また、常に変化する自然の姿を目にしている生活だからこそ、紋様もまた、「静」ではなく「動」的な模様になったのではとも思います。
そこには言葉や文字がない彼らのパッションも加わったりして…

弥生時代は文字が中国から伝わったので、土器による表現は不要になったのでは、と思うのです。
それに、弥生時代は農耕が開始されていて生活は忙しいし、さらに国家の命令で古墳の工事やら、戦いやらに駆り出されて、土器の制作にじっくりと時間を割く事は難しかったのではと思います。

そして、別の素材での様々な物作りが発展していくから、価値の低い粘土素材の土器なんて、そんなに拘る必要がなくなったきたのかもーーーとか。

それなら、儀礼的な用途に使う埴輪の方に、表現を込めていく流れになるでしょう…とか。

単純に、弥生時代には質素な紋様が流行ったから、流行りが変わったからという見解で片付けるのは、ちょっと面白くないよなあと、個人的に思います。


そんなこんなで、書ききれないほど様々な事を思い巡らせました。
(夫には後日ババーーーと語ったのだけど、他の人に話したらどん引きされる内容もあったり…笑)


土偶の事も書きたいのですが、かなり長くなるので割愛!!


e0361278_21183654.jpg

岸田劉生「麗子微笑」

麗子のお顔は………

誰かな??? (笑)

Eテレのアート系子供向け番組、「びじゅチューン」とのコラボ企画も開催されていました。

先日、ちょうどテレビで見かけて気になっていたので、ちびっ子に混じって体験してきちゃった!



平成館と本館の常設展示もたっぷりと観て(常設展示にも土器や土偶も展示されていたけど、そっちはめっちゃ空いてたー。)、大満足。

法隆寺宝物館も観たかったけど、流石に疲れたので、また今度…。


そして、上野を後にし、次は神保町へと向かいます…。

続きは③で…







# by chochoshirenko | 2018-08-16 21:15 | Comments(0)

一人時間 ①

e0361278_21243252.jpg

*個人的な備忘録も兼ねているため、とてつもなく長い記事になります。
面倒な方は、写真だけでもお付き合いよろしくおねがいします。



先週、金・土曜日に夫と息子二人がキャンプに出かけました。
今年も男、二人キャンプ。
(その事はまた後日)
なので、私の貴重なひとり時間、ゲット。

8月に入ってから、子育てにまたまた行き詰まりを感じ、
「もう私、母親無理かも」
と疲れていたので、とにかくすがるような気持ちで、この日を指折り数えて待ち望んでおりました💦

どこに行こうか沢山悩みまして…。

大学時代に沢山お世話になった国立に出掛けようかと思いましたが…。
やめました。

で、結局、近場の都内、上野(未だ行ったことがなかった国立博館)へ行くことにしました。

だけども、上野だけじゃあテンション上がらないよなあと思いまして、まずは谷中へ向かいました。

ちょうどランチに着くように出かけて、下調べして見つけたカレー屋さんへ。

その名も「薬膳カレー じねんじょ」。
e0361278_21243383.jpg


e0361278_21243437.jpg

むふー!
野菜カレーをオーダーしましたら、こんなにゴロゴロ、沢山のお野菜。

トッピングし放題の、大豆の酢漬けが新感覚な美味しさで、沢山盛り盛りしました。

カレーはスパイシーで、辛味も程よく刺激的、そして深みのある味わい。
美味しかった!!

柿の葉?などを使った、薬膳茶も美味しかったです。

また行きたい!

e0361278_21243573.jpg

そして…

そのカレー屋さんのすぐそばに、気になる邸宅?のような建物があったので、寄ってみました。

朝倉文夫という、明治〜昭和に活躍した彫刻家のアトリエ兼自宅の、「朝倉彫塑館」と言う施設でした。

写真は館内NGでしたので、詳しく画像でお伝えできないのが残念ですが。

自然な写実の彫刻作品も素晴らしいですが、私はこの建物に釘付けでした。

建物すべて、朝倉文夫本人が設計したとの事。

アトリエの自然光の取り入れ方(自然光の下での制作に拘っていた)、部屋の天井四方に丸みを付け、包み込むような空間演出が見られること。

書斎は、耐震と収納を合わせ持った創意工夫が施されている点。
(素晴らしすぎてスケッチを取ったけど、絵が下手すぎて、うまく描き取れなかった😂)
e0361278_21243688.jpg

そして、自宅とアトリエにぐるりと囲まれた、中庭。

とっぷりと清らかな水が満ち、季節の移ろいを感じさせる多種の植栽は、時に風を孕み、光を通過させ、自らの影を石に映し、そして水に反射した光は、建物に水の揺らぎを与えていました。

時が止まったかのように静かで、しかし時は動いている事を柔らかに気付かせる水や空気、光の変化がある。

そして、チョロチョロとした水流音に重ねるように、「ポカ   ポカ」と、鯉が気まぐれに呼吸音を立てている。

水面に投げ込まれた雛菓子のように、フワリと浮かぶサルスベリのピンクの花が、鯉を甘やかしているようで、おかしみを含んでいる。

それを知ってか知らずか、鯉達が吸い込まれるようにピンクの花弁に向かい、パクパクと口へ運ぶように目を開き、また潜り込む様。

重なり合う水紋を辿りながら、ふと聞こえてくる、モカモカとした水の膨らむ音、石を撫でるようなたおやかな水流音。


同じ「時」は一度となく、絶え間なく変化し、しかしそれは目まぐるしさを感じさせず、ただ、水の流れのように、気の向くまま流され、ぶつかり、たゆたうだけでよい。

そんな時間。

そんな時間が流れているのです。

本当に素晴らしい時間と空間で、ずーーっとそこに座って眺めていたかったです。

e0361278_21255159.jpg

朝倉文夫本人も、この中庭を特に愛していたそうで、本人の書「水の礼讃」から抜粋された言葉が資料として置かれていたので、メモを取りました。

ちなみに、この建物内でメモを取りたい場合は、鉛筆がおススメ。
ボールペンは不可なのだそうです。
私は知らなかったのですが、係りの方が声をかけて貸してくださったので、持っていなくても大丈夫だと思います。

この中庭は、自宅、アトリエのどの建物にも面しているので(囲われているので)、上の階に登ると、中庭全体を見下ろすことが出来ます。

建物は3階建てで、階を登るにつれて、中庭を眺める時の心情が変化していきます。

階を重ねると、心の内側から外へと目を向けていくような、そんな感覚。

二階から中庭を見下ろすと、先程まで中庭の中で泳いでいた自分自身を俯瞰して眺めるような、確認するような、そんな心持ちになります。

そして、客間がある3階から見下ろすと、再確認した自分を外界と繋ぐ、外界と対面させる覚悟のようなものが生まれてきます。

そして、小さな庭園のあるアトリエの屋上に登ると…

自宅と中庭が丸ごと見下ろせて、自分の輪郭、外界(他者とも言える)と自分との繋がりを感じ、外界に置かれた自分の在り方を見つめる事が出来ます。

そして、外の様子を眺めると、また、あの中庭で過ごしたような、流れていく静かな時間をただただ漂う事もできるのです。

世界もまた、中庭になるのです。

……ここまで書いたことは、私の完全なる主観。
朝倉文夫氏が、どのような意図を持って、このような設計を施したのかは存じませんが、きっと、同じような事を考えたり、感じたりしたのかもしれないなあ、と勝手に思っています。


そうそう、屋上庭園は、大きなオリーブの木が立っていて、その脇に小さな菜園などもあります。

当時、朝倉氏はお弟子さん(生徒さん)達に、園芸を必修科目として課していたそうです。

「自然を見る目は、モデルを見る目」を育てるのだそうですよ。

この考え方は、芸術の分野以外でも当てはまりそうな気がしますね。

とても印象に残った言葉だったので、ここに残しました。

e0361278_21262327.jpg

e0361278_21262481.jpg

予定にはなかった朝倉彫塑館で沢山刺激を受けたので、このままカフェでも寄って帰ろうかとも思いましたが、折角なので国立博物館も行って見ることにしました。

本当はめぐりんバスで移動する予定でしたが、バス停を見つけられず…

そして、刺激を受けまくりでテンションが上がり、さらに猛烈な暑さでもおかしなテンションになり、灼熱の中、徒歩で移動。

真夏の京都の旅を思い出す瞬間があり、そんな時間遊泳も楽しかったり…。

ありえないほど暑かったけどね。


って事で、この後は②に続きます…




# by chochoshirenko | 2018-08-15 21:23 | 日々のお出かけ | Comments(0)

息子のファッション

e0361278_15150573.jpg

台風が近づいて来ていますね。
今夜、明日朝の帰宅&出勤の方は、どうぞお気をつけて…。

夏休みは、ようやく宿題が終わりまして、あとは任意的な宿題を残すのみになりました。
もうやらなくていいのだけど、自由研究をやりたいそうなので、来週からやれたらボチボチ…頑張るつもり。(私がやる気なし)

読書感想文や工作は、小1だと、まだまだ親の手が必要なようです…。
ほぼ親の宿題なんじゃないかと思いました。
親が手を出さなくても取り組める子はいるようなので、羨ましい( ;∀;)

私は、宿題が終わってホッとしたのか、色々怒りすぎて疲れたのか(癇癪や悪態が凄くて、毎日ガミガミ…)、昨日から体調が良くなくて、今日はさっきまで寝て過ごしていました。

そういう時は割と静かに過ごしてくれるので、助かりました。。。

ソックは私の寝る横で、

e0361278_15152563.jpg

こーんな風に、見守ってくれましたー。


お陰で午後は少しずつ楽になって来て、今は息子のピアノレッスン待ちです。

さてして…

e0361278_15183581.jpg

本日の息子の格好。

コーディネイトは、かなり小さい頃から自分で選ぶ事が多かった息子。
小学生になってからは100%自分で選ぶようになりました。

そして、毎回、ファッションモンスター振りを発揮(笑)

けっこう際どい色合わせをセレククトするのだけど、上手く合わせられていて、私も勉強になります(笑)

でも、今日の帽子はやりすぎじゃない??
この帽子、最近買ってあげたら、かなりお気に入りになりました。

前からハットタイプの帽子が欲しいと言っていたので、本人に選ばせました。
長年憧れた探検隊帽子じゃん( ^ω^ )

e0361278_15222865.jpg

シャツ好きは3歳頃からで、このシャツも当然お気に入り。

そして、この真っ赤なショートパンツも(選んで買ったのは私)、個性的な色だけれど、上手に組み合わせて着てくれています。

e0361278_15235764.jpg

しかし!

まさか、上下赤で攻めてくるとは、思わなかったよ!!

e0361278_15244098.jpg

不思議とそんなに違和感ない…。

何故だ。

さすが、ファッションモンスター。

e0361278_15252724.jpg

最近、写真撮られるのが嫌で、逃げちゃったレッドマン。

e0361278_15261547.jpg

e0361278_15262486.jpg

お気に入りの探検隊帽子を被って、星空観望会。

ちなみに、着ているTシャツは、私のお友達から頂いたプレゼント。

黒を着せる事がすくなかったので、新鮮!
これもかなり気に入って着ています。

e0361278_15281541.jpg

地味に、「おー!」と思ったのが、この組み合わせ。

柄物のショートパンツは、無地っぽいTシャツに合わせるつもりで買ったのだけど、ボーダーを合わせて着ていました。

e0361278_15300821.jpg

お船の柄物のパンツに、ボーダー!
おー、マリンスタイルか!

やるねー。

水色✖️ピンクの色合わせも上級者的じゃん。

けっこう勉強になった合わせ方でした。

e0361278_15314618.jpg

e0361278_15315756.jpg

最後に…

甚平着て、変なサングラス。

これは、火星が地球に最接近した日に、夫が会社のサンプル品の望遠鏡メガネを持ち帰ったので、火星観察をしているところ。

火星は、眩しいねー、ピカピカだねー!って程しか感じなかったけれど、後日参加した星空観望会では、もう少し鮮明に望遠鏡で見ることができました。

明後日は、またまた今年も息子と夫、男二人キャンプ。
お天気が心配だけど…
綺麗な星空が見られるといいねー。


以上でーす。




# by chochoshirenko | 2018-08-08 15:08 | 日々のファッション | Comments(0)

音楽的乗車を夢見るコキュー・ラムキの日記です
by コキュー・ラムキ

最新の記事

雑記
at 2018-08-17 15:39
一人時間 ③
at 2018-08-17 14:37
一人時間 ②
at 2018-08-16 21:15

最新のコメント

onsixさん> こに..
by chochoshirenko at 12:45
こんばんは! 初めてコ..
by onsix at 22:42
nam様 はじめまし..
by コキューラムキ at 20:47
先日のはにわ祭写真コンク..
by nam at 13:17
キャリさん☆ わーい!コ..
by コキュー ラムキ at 07:41
すごくキレイですね☆ 先..
by キャリ☆ at 20:53
そらまめさーん! わー、..
by コキュー ラムキ at 13:26
コキューさん、こんにちは..
by そらまめ at 11:01
やーん☆ キャリさん☆ ..
by コキュー ラムキ at 13:11
ラムキさん、ステキー☆ ..
by キャリ☆ at 12:51

ブログジャンル

メモ帳

ライフログ

検索

最新のトラックバック

ブログパーツ

外部リンク

ファン